BIG-Cへ

P1080500.jpg
 日中気温はあがるが、汗はほとんどかかない。湿度が低いからだろうか。雨が一滴も降っていないのになぜ湿度が0%にならないのか不思議でしょうがない。植物が呼吸しているから?湖が蒸発しているから?舗装していないところを歩くと砂ぼこりが宙を舞う。

P1080498.jpg
 昨日見たうどんの真偽を確かめに食堂へ行った。早速注文しようとするが、棚に見当たらない。仕方なくバーミーを食べようかと思っていたら、目の前のお客さんが食べているではないか。失礼かと思ったがそれを指さし注文。名前を聞くとカオッピャオセーンというそうだ。聞いたことあるような、ないような。ラオスの方ではよく食べられているらしい。イサーンをあちこち旅したが今回初めて見た。会計の時に指を3本立てたように見えたから30B出したら25Bにしてくれた。明日もう一度行かねばなるまい。

 早速食べるもスープがどろっとしている。とろみをつけたというよりは、うどんの茹で汁をそのまま利用した感じ。あっさりとした塩味で麺は柔らかい。米粉だろうか。クイッティヤオとはまた違うジャンルの麺のようだが・・・。骨付き肉とソーセージを切った物、ニンニク、野菜が入っている。日本で食べてもまずいだろうが、この街の路上で食べると実に美味い。料理はシチュエーションが大事だ。

P1080499.jpg
 昨日のカノムクロックに再びトライ。熱々で火傷しそうだ。こちらも実に美味い。小奇麗なレストランで何を食べても大したことないが、路上で食べるとなぜにこうも美味いのだろうか。

 5日まで予定は特にないので8番らーめんを探しにBIG―Cへ行ってみた。まあHPを見れば行かなくても分かるのだが、ここにもあったのか、という感動は欲しい。ピサヌロークにあったのでウドンにもある可能性は高いではないか。テスコにはなかったので、BIG―Cにはあってほしい。

P1080504.jpg
 残念ながら8番はなく代わりにスカイラークでチキンステーキを食べた。この肉は日本でも勝負できるぞ。

P1080503.jpg
 折りたたみ式の椅子があった。意外に頑丈で座りやすそうだ。ちょっと重いので諦めたが、色々な場面で役に立ってくれそうだ。

P1080509.jpg
 夕飯は昨日と同じ店で貝を頼むことにする。まずはホーエライという貝で、見た目は薄い蛤みたいな感じ。これを昨日と同じく黄ニラと炒めてもらう。これは安心出来る料理だ。

P1080508.jpg
 もう1つはハイ貝で、いかにも食あたりしそうな見た目だ。今までは意図的に避けてきたが、あと3日連泊するので明日1日つぶれても大丈夫だろう。値段を聞くと60Bというので一応50Bに値引き。そしたらすごい量を茹でだした。そんなにいらなかったなのだが仕方ない。どちらも持ち帰りにしてもらい部屋で食べる。

 ハイ貝の方は殻が固く閉じている。タイ人に聞けば食べ方を教えてくれるだろうが、下まで降りていくのも面倒くさい。スプーンを使い、強引にこじ開ける。1つ食べてみるが・・・まあこんなものか。ホーエライの方も感動はなかった。シーフードは産地に行くと観光客相手にぼったくり、かえって高くつく事が多い。ウドンあたりで食べたほうが安くあがるだろう。明日はまた違う料理にチャレンジしたいものだ。

 そういえばセントラルの従業員はクリスマスのキャップをかぶっていた。微妙に違和感を感じるなあ。そして、乾季は果物の種類が少なく、年中食べられるようなものしかない。フルーツ食べてないな、と思ったが屋台がそもそも少ないのだ。今日1台だけフルーツ屋台を見かけた。パイナップルは好物だが皮を剥いていないと食べられない。スーパーに行っても大量にパッキングしてあるため、1人で消費するのは難しいのである。

 昨日お茶を買って渡したのだが、今日そのスタッフから腕輪をもらった。プレゼントを貰ったのなんて何年ぶりだろうか?自分はアクセをしない派なので腕にしていると気になって仕方ない。それでも、やっぱり嬉しいものだ。日本を出るときケーキをあげた人がいたが、見事にシカトされてしまった。

 今の宿を出たところの原っぱに黒い子犬が住んでいる。生まれてまだ数ヶ月くらいの可愛い盛りだ。タイの野良犬はボロ雑巾みたいなのが多いが、子犬だけあってまだまだ可愛い。予防接種なんてしていないだろうからうかつに触れないが、自分の方に近寄ってくるとつい撫でたくなる。そして、その子犬の面倒を見ている雌犬がいる。こちらは見事な雑巾具合で近寄るのも怖い。しかし、子犬はその雌犬になついているようでさかんにじゃれている。どう見ても血はつながっていないようだが、雌犬にしても子犬は可愛いのだろう。その光景を見て、まさにこれはタイ人の人生そのものだなと思った。夜になるとあちこちから犬の吠える声が聞こえる。犬にとってこの国は住みやすいのだろうか?あの子犬は無事に育ってくれれば、と思ってやまない。

 テレビを見ていたら北斗の拳や聖闘士星矢、鉄腕アトムなどが放送されている。自分の青春時代のアニメが再び見られて嬉しい。テンポの悪さが気になるが、言葉が分からなくてもストーリーは大体覚えているので、脳内で補完できる。タイではトーク番組かドラマが主体で、言葉が分からないとどうしようもない。もっと旅行番組とか単純なゲーム企画などがあればいいのだが。いきおい、韓国の番組などを見てしまう。英語の字幕が入るし、日本のバラエティーをぱくって(参考にして)いるものもあり、見やすいのだ。他にもインドなどは同じような歌を延々流していたり、ベトナムの野暮ったい番組も面白い。NHKWorldしか知らない外国人は可哀想だ。こんなところでも日本のガラパゴス化を感じる。

P1080505.jpg
 相撲は改装?閉店?とりあえず今は営業していないようだ。